読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパとファッションと旅行と恋愛

20代のブスがナンパ、ファッション、旅行、恋愛について語る自己満ブログ。ナンパを通して人間的に成長しモテたい。笑

ナンパや恋愛に活かせる!?恋愛工学【僕は愛を証明しようと思う】を読んでみた

書籍 恋愛 ナンパ 藤沢数希
ナンパをするにあたって、まずはこの本を読んでみました。
 
ナンパ師の中では有名みたいですね。
 
私は全く知りませんでした。
 
ナンパ師さんのブログやTwitterを拝見させてもらっているんですが、やたら「恋愛工学生」って書いてあって、どういうこと?って思ってました。笑
 
この本に関しては賛否両論あるみたいなんですが、ナンパ初心者が読み物として読むのはいいかなーなんて思って購入しました。
 
 
 
あらすじ
 
平凡な社会人の主人公が、彼女に浮気されて振られたのをきっかけにナンパを始めた話です。
 
めちゃめちゃ簡単に言うと。笑
 
ただ、作者も言ってますが、この本は100%恋愛小説だと。
 
途中までは意味がわかりませんでしたが、読破するとその意味もなんとなくわかると思います。
 
わからない人もいると思いますが。笑
 
特に女性は共感できる少ないんじゃないかなー。
 
 
感想
 
普通に面白かったです。
 
続きが気になって一気に読んでました。
 
これを見て、「ナンパしたい」「オレでも出来るかも」などと思いナンパを始めた人も多いと思いました。
 
私も正直、かなりナンパや女の子へのモチベーションが高まりました。
 
読み物としても面白かったですし、ナンパのテクニック、ナンパ用語、心理学なども出てくるので、初心者の方には特にオススメです。
 
大変参考になりました。
 
ただ、ナンパ初心者の私でも知っている情報や、ナンパ師さんがブログで言っている内容もあるので、これをナンパマニュアルとして見てはいけないと思います。
 
藤沢さんもそういう風に書いてないと思いますし。
 
ただ、物語としてナンパテクニックが出てくるので、非常にリアルではありました。
 
設定も平凡なイケメンでもないサラリーマンが、失敗を繰り返しながらナンパを通して成長していく物語なので、自分と重ねて読んだ人も多かったんではないでしょうか?
 
 
ナンパや恋愛だけでなく、仕事や日常生活にも通じる考え方などもあり、内容も面白く、読んでよかった本でした。
 
これからナンパしたい人もそうですが、それ以外の方にもオススメです。
 
女性なども読んでみると、男の考え方や、女性への見方などがわかって面白いと思います。
 
一つわかったのは、ナンパ師の人達は悪い人ではないのかなと。笑
 
自分の友人の方がよっぽどゲスくて、汚らしい奴多いなと。笑
 
また、主人公がいい奴だったのが良かったですね。
 
これに関してははあちゅうさんも藤沢さんとの対談で言ってました。
 

 

男と女がいつもすれ違う理由 (幻冬舎plus+)

男と女がいつもすれ違う理由 (幻冬舎plus+)

 

 

 
この本も二人のやりとりがかなり面白い。
 
タイトルの通り、男と女はすれ違うなーって思います。笑
 
結構言い合ってますからね。笑
 
 
 
あと、これを見て伝説の月9ドラマ「プライド」を思い出しました。
 
 
キムタク、坂口憲二佐藤隆太竹内結子中越典子などの豪華キャスト出演の恋愛ドラマ。
 
主題歌のクイーンの曲、アイスホッケー、決め台詞「メイビー」が流行りましたね。笑
 
プライドの挿入歌。里中ハルの気分でランニングや筋トレするのがお気に入り。笑

 

プライド オリジナルサウンドトラック

プライド オリジナルサウンドトラック

 

 

 
これはqueenの名曲。マジで上がります。

 

I Was Born To Love You

I Was Born To Love You

 

 

 
キムタクの衣装もプレミアになったりと大人気でした。
 
これめちゃめちゃかっこいいです!!!欲しいけど高すぎ。笑
 
 
とにかくキムタクがカッコ良かったなー。
 
このドラマの出会いはバーでのナンパですし、キムタクも「恋愛はゲーム」って言ってましたし、通じる部分もあるかと思います。
 
見たことない人も見たことある人も是非てください。
 
超オススメです。
 
 
 
 
最後に印象に残った言葉を簡単に紹介します。
 
 
「二人で会ったらとにかくS◯Xに誘う。ダメならストップロス。これが最も強力な恋愛戦略」
 
「女は好きな男とS◯Xするのではなく、S◯Xした男を好きになる。」
 
「セフレを手に入れる一番いい方法は、なんとかして一回S◯Xすることだ」
 
「恋愛工学の目標はS◯Xではなく、女に喜んでもらうこと」
 
「5歳の男はみんなナンパの達人」
 
「恋愛をゲームのように考えるようになった僕を彼女たちはなぜ愛するのだろう?」
 
「This time is different は金融の世界で最も危険な単語」
 
「女の子に、もっと長く一緒にいたいとすがってしまうなんて恋愛工学ではやってはいけない典型」
 
「彼と出会うまでの僕は恥をかかないように、できない理由を並べて挑戦しなかった」
 
刑事コロンボは誰が何をしたかより、誰があるときに何をしなかったに注目して犯人を暴き出す。」
 
「素人は単に運任せのギャンブルをするが、僕たちプレイヤーは計算されたリスクをとる」
 
 
いやー、結構出てきますね。色々深い言葉が多いですね。
 
まだまだあったんですが、ネタバレになりそうなんで、このくらいにしておきます。
 
ナンパや恋愛に興味なくても、楽しく読めます。
 
ぜひ読んでみてください。
 
 
本が苦手な方は漫画もあるので、そちらもオススメです。