読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパとファッションと旅行と恋愛

20代のブスがナンパ、ファッション、旅行、恋愛について語る自己満ブログ。ナンパを通して人間的に成長しモテたい。笑

福岡ナンパ 初ストナン初連れ出し ゴール目の前で空振りして博多美女を逃す。

だいぶ更新空いてしまいました。

 

福岡旅の続きです。

 

nanpatofashiontotabigasuki.hatenablog.com

 

 

初ストナンで博多美女をカラオケ連れ出しした記念すべき出来事です。笑

 

なので、時間かかりましたが、しっかり記事にしておきます。

 

最初に結論からいいますと、残念な結果に終わりました。

 

完全なる勝ちゲームを落としました。www

 

 

 

 

 

 

目覚めたらいつのまにタクシーの中。

 

まさに、「ここはどこ?あなたは誰?」状態。

 

気持ち悪いし、頭痛いし、頭がぐるぐるしているし、かなり酔っ払っている。

 

 

「あれ、俺いつカラオケから出てきた?」

 

「タクシー乗った記憶もない」

 

「金払った記憶もない」

 

途中からの記憶があんまりない。

 

隣を見ると、彼女は私の手を握って横にいた。

 

彼女も結構酔っ払っているようで、グッタリしている。

 

 

タクシーは、ちょうど天神駅前の大きい交差点?を抜けて、中洲、博多方面に向かっている所で信号待ちをしている。

ちょうどこのあたりだと思う思う。

 

 

 

 

タクシーが動き出した瞬間、猛烈な吐き気が襲ってきた。

 

 

もうゲロがすぐそこまできている。

 

彼女の前でみっともない所はみせられない。

 

そんな思いだったのか、

 

私は運転手に向かって「止めて止めて。俺降りる」。

 

かなり横柄でキレ口調だったと思う。www

 

どういう心理状態だったのか、よくわからなあい。ww

 

そして彼女を見向きもせず、

 

「じゃあね。」も「ありがとう」も「ごめんね」も言わずにダッシュで外に駆け出した。

 

 

そして道の端で我慢できずに。。。。。。(道路汚してごめんなさい)

 

 

普段は滅多に吐かないのに、緊張もあったのかな。

 

途中から酔いが一気に回った気がする。

 

 

そこからいつまで吐いたか、どうやってホテルまで帰ったかも覚えていない。

 

ちなみに私がホテルはここです。

 

 

 

もちろん彼女のことも考える余裕もなかった。

 

 そして目覚めたら夕方16時頃。ww

 

旅行者がする生活じゃないw

 

吐き気は治まっているものの、完全なる二日酔い。

 

「彼女に連絡しよう。今日も遊ぶ予定だったし」

 

口約束だったが、この日は彼女も休みで一緒にご飯を食べに行く約束をしていた。

 

急いでLINEを探す。

 

彼女がいない。

 

私は大失敗をしていた。

 

LINEを聞き忘れていたのだ。www

 

私は自分のダメさ加減に引いてしまった。ww

 

名前はわかるが、苗字は聞いていないからFacebookで連絡すらとれない。

 

わかるのは、職業、下の名前、年齢くらいだ。

 

しばらく、その場を動けなかった。

 

なんにもやる気がおきない。

 

気持ち悪いが、

 

会いたくて会いたくて震えそうだった。w

 

ここで、私は非モテコミットしていることに気ついた。

 

昨日会ったばかりの女の子に。

 

相手のことはなんにも知らない。

 

少し優しくしてくれて、自分に興味を持ってくれただけで。

 

まあかなり可愛いからしょうがないけど、このメンタルだと今後も非モテコミットし続けそうだなと思った。

 

 

2時間くらいは何もせずに必死の昨日のことを思い出していた。

 

簡単にまとめるとこんな感じだ。

 

彼女のかなりの食いつきを感じるし、会話も盛り上がっていた。

 

自分自身もかなり楽しんでいた。

 

でもどうしてもエロいムードに持ち込むのを恐れている自分がいた。

 

若干好きになっていたからだ。

 

でも、俺は彼女が欲しいんじゃない、エッチがしたいんだ。

 

二人で赤ワインを頼んで飲みまくった。

 

そこから急激に距離が縮まった気がする。

 

おそらく酒の手を借りてようやく大胆になれたんだろう。

 

彼女とイチャイチャしていて、溢した赤ワインのシミが、私のお気に入りの白Tに血のようについている。

 

幸せな時間だった。

 

でも、ヤった記憶はない。

 

私の推測だが、いい感じになったから二人でホテルに向かっていたんだと思う。

 

じゃないと彼女は絶対にタクシーには乗っていないだろう。

 

お金もったいないからタクシーは使わないって言ってたし。

 

もうバスは走っていたはずだから。

 

あーあ、結局ヤれなかったのか。

 

ヤったとしても記憶がないんじゃ全く意味ない。笑

 

 

 

そんな時、財布の存在に気がついた。

 

そういえばお金を払った記憶がない。

 

財布を確認すると、全く減っていなかった。

 

彼女が全額払ってくれていたのだ。

 

俺が奢るって言ったのに。

 

お金もったいないからタクシー使わずバスで帰ってるって言ってたのに。

 

悪いことしたな。

 

 

 

それと、某有名ラーメン店の無料券が二枚入っていた。

 

私も大好きなラーメン屋。彼女も大好きだった。

 

確か親戚が働いているとかで、私にくれたのだ。

 

今日一緒に行こうって約束もしてたのに。

 

せめてありがとうと言いたかったな。

 

 

このまま部屋にいたらおかしくなりそうだから、彼女の無料券を使ってラーメンを食べた。

 

決して無料だからじゃない。笑

 

彼女を忘れるためだ。笑

 

ラーメンを待っている間、食べている間、ずっと昨夜のことを考えていた。

 

 

 

私は彼女のことが好きになっていた。

 

非モテコミット。オンリーワン中毒。

 

みんな一度は通る道だろう。

 

彼女も少なからず、私に好意を持ってくれていたと思う。

 

勘違いだ。と言う人もいるかもしれないけどwww

 

まあ、LINEを交換していたからといって、彼女から返信が来るとは限らないし、ご飯に行けたかもわからないし、セフレや恋人になれるかなんて、もっとわからない。

 

遊びとして付いてきたのかもしれないし、もともとそういう女だったのかもしれない。

 

私にはそういう風には見えないけど真実はわからない。

 

 

でも、彼女のおかげていい経験ができた。

 

自分もやっと、一歩成長できた。

 

彼女には感謝しかない。

 

「クラブも嫌いだし、ナンパも嫌だからついて行ったことないけど。〜くんって絶対悪い人じゃないってなんとなく思ったよ。初めて会った気がしなかったし。」

 

ナンパについてきた理由をそう話していた。

 

普段ナンパされてもオール無視らしい。

 

事実かどうかはわかない。

 

でも今の自分にとっては最高の褒め言葉。

 

そういう空気感を作れていたということだから。

 

おまけにラーメンの無料券、カラオケ、タクシー代まで。

 

そして、一番感謝していることは、純粋に楽しかったということ。

 

本当にありがとう。

 

初ストナン一発目で初連れ出しなんて、自分にしては上出来だ。

 

しばらく立ち直れなさそうなだけど、もっといい女の子を抱けるように頑張りたいと思った。

 

長いし、内容もたいしたことなくてすいません。ww 

 

長くなったので次回反省点など書きます。