読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパとファッションと旅行と恋愛

20代のブスがナンパ、ファッション、旅行、恋愛について語る自己満ブログ。ナンパを通して人間的に成長しモテたい。笑

福岡旅 初めてのクラブソロナンパ「キャッツ Cats」で熊本美女をナンパ

福岡 ナンパ クラブ

前回の続きです。
 
福岡の記事書いてるとまた行きたくなる。
 
福岡に限らず、もっと色々行ってみたいなー。
 
 
 
 
場所は福岡のクラブ「Cats キャッツ」

f:id:tmlrhcsup10:20170104225410j:plain

 
 
 
サラリーマン4人組が帰った後も、私は楽しんでいた。
 
こんなにクラブが楽しい場所だとは思わなかった。
 
しかし、ここからが戦い。
 
私はナンパをしに来たんだから。
 
ただ、不思議と焦りは全くなかった。
 
楽しいし、最悪ナンパできなくてもいいかー。なんて。www
 
相変わらず自分に甘いw
 
しかし、
 
クラブナンパの必勝法はクラブを一番楽しむこと。

 

ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル (フェニックスシリーズ)

ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル (フェニックスシリーズ)

  • 作者: ニール・ストラウス,田内志文
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2012/08/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 10人 クリック: 75回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 

 

ぼくは愛を証明しようと思う。

ぼくは愛を証明しようと思う。

 

 

 
という言葉通り、私の隣には可愛い風の女の子二人組みが、私をチラチラ見ながら踊っていた。
 
よくクラブでありがちな、片方の女子がもう一人の女子を押して、男にくっつけようとするアレ。笑
 
押されている女の子も全然嫌がっていない。
 
残念ながら、またもや3秒ルールは守れなかったが、今回は自分から声をかけることができた。
 
女の子がこっちに向かって踊ってきたので、まずは一緒に踊った。
 
下手くそだけど、精一杯の笑顔で楽しんでいる感をだして。
 
女の子もそれに応えて一緒に踊ってくれた。
 
もう一人の女の子も加わって三人で肩を組んだりボディタッチもOK。
 
だいぶ酔っぱらっている。
 
私も酔っていたがおそらくこんな感じだったかな。
 
「福岡の人?」
 
つまらない質問だ。
 
ただ、この前に一緒に踊って軽く和んでいたから、オープナーはなんだっていいだろう。
 
「熊本から旅行で来てる。福岡じゃないの?」
 
まさかの相手も旅行者だった。
 
「熊本なんだ。俺も旅行で東京から来てる」
 
「えっ東京?やばー。遠いね。てか一人?WWW」
 
もう一人の女の子に耳打ちで東京から来ていると伝えていた。
 
反応は悪くない。
 
ちなみにスペックだが一人は、清楚でかなり可愛い。
 
清楚なのに、踊るのどんだけ好きなの?ってくらい踊り狂っている。www
 
もう一人は顔はイマイチで中の下だが、ギャルで雰囲気がまあエロい。www
 
熊本の女の子のレベルが高いという情報は嘘ではないようだ。w
 
二人と話していたが、可愛い方が、私の方に押されていた子なので必然的に可愛い子との会話が増えた。
 
 
 
ただ、ここで問題発生。
 
いろいろ話してわかったのだが、男友達と来ているらしい。W
 
でた男友達。WW
 
「男と来てるの?」
 
若干不満が顔にでてしまったかもしれない。
 
女の子は
 
「でも友達だよ。2人は今あそこで外国人ナンパしてる。ほらあそこ」
 
男は普通の男だった。
 
全然カッコよくないし、恐らくただの友達だろう。
 
どうしよう、男二人いるのか。
 
無理じゃね?
 
連絡先だけ交換してこの子達は諦めようかな。
 
なんて思っているとナンパに失敗した彼らが戻ってきた。
 
私が彼女達と仲良くやっていたのが、見えていたのだろう。
 
無理やり、三人の輪の中に入ってきて、女の子の肩を抱きだした。
 
 
 
彼女たちが私を紹介してくれた。
 
彼らもかなり酔っていて、悪いやつじゃないと思うが、面倒くさそうだ。
 
直感で感じた。
 
そして冷めてきた私と女の子を引き離し、彼らだけで2対2の状況を作り出そうとしている。
 
一人の男は可愛い子にキスしようとして、嫌がられている。
 
可愛い子は必死に拒否して踊るように促しているが、男は強引だ。
 
非モテコミットしている。
 
「THEGAME ザゲーム」の言葉を借りるなら、オンリーワン中毒だろう。
 
 
 
恐らく、彼らはこの子たちとのワンチャンを期待していだんだろう。
 
Clubでいい感じに酔って、酔った勢いでみたいな。
 
だからあんなに焦っていたんだろう。
 
脈はあったと思う。
 
アイコンタクト、くだらない質問、ボディタッチ、などのioiはあった。
 
しかし、私の行動が遅いのと、ビビって大胆な行動が出来なかったこともあり、男友達という壁を崩せなかった。
 
いつもそうだが、ゴールから逆算して、会話をしていかないとダメだ。
 
いまの自分はただ話してるだけ。
 
普通の会話で精一杯だから。
 
行動、言動に意味を持たせないと。。。
 
 
私は静かに、その場を離れた。
 
LINEを聞くのも忘れて、何も言わずに。。。。
 
せっかくいい雰囲気だったのに。
 
やばい、また振り出しに戻った。
 
私のテンションは一気に下がっていた。
 
 なかなか上手くいかないなー。
 
この後どうしようwww
 
 
 
 反省点
 
・友達を引き離して二人きりになるのが遅かった
 
・ ioiはあったからキスなどでギラついてみても良かった
 
・LINEを聞くのを忘れた
 
・友達がいるとわかった時点で、離れるべきだった(若干オンリーワン中毒していたかもww)
 
もっと頑張らないと。
 
 やっとスタートラインに立てたかな。